_HD_SKIP_CONTENTS

_HD_BREADCRUMBS

TOP  >  REPORT


Event Report : 2015年10月15日-17日 中国贛楡2015「徐福文化と”一帯一路”の接点建設国際学術シンポジウム」報告

 2015年10月15日-17日に、中国江蘇省連雲港市贛楡区(2014年贛楡県は区になりました)でおこなわれた、中国徐福会・中国対外友好協会国際芸術交流院主催、連雲港徐福研究会実行の中国贛楡2015「徐福文化と”一帯一路”の接点建設国際学術シンポジウム」に参加してきましたので、ご報告します。
 大会では、2012年に直前に中止になって以来、お会いできなかった各地の徐福会の方々と懐かしい再会をはたすことができました。会長が代わったところもありましたが、尋ねてみると引退なさってもみなさん変わらずお元気そうだとわかり、安心しました。
 日中韓の大きな大会の開催には、2012年から3年がかかったことになります。それでも根は深いようで、各地からの報告がなされたときには、登壇した象山県(2012年の開催予定地だったところ)の方は「日中関係がぎくしゃくするなかで開催するとは肝っ玉が座っている」と主催者にむけて挨拶していました。どうやら浙江省ではいまも開催許可が取れないようです。だからこそ、なんとか象山で開催できなかった大会を実現したいという気持ちを多くの方がもち続けているようです。今回の大会は、北京から優秀な通訳の方々が駆けつけてくださり、同時通訳でスムーズに進めていくことができました(ですから、上記のような名訳がありました)。
 今大会では、日中韓の動きがここから再開するかなと期待できることもありました。現在、中国では徐福伝説は非物質文化遺産になっていますが、徐福文化国際研究協議会及び事務局の設立が連雲港徐福研究会から提案され、日中韓で今後、徐福伝説の世界遺産登録に向けて協力しあおうと満場一致、拍手で決まりました。
 既にこの件では日本でも動き出してくださっている方があります。日本の場合、各伝承地で独自に活動してきた経緯や、組織としての歴史の違い、そしてそうした組織ではなく、多くの個人の徐福ファンがいらっしゃいます。ですから関わり方も多様かと思いますが、今回の呼びかけがきっかけに、各地の交流も展開していくといいと思います。

by:
horuhoru
at:
2015-10-28 9:52:53
view:
105

Event Report : 2015年7月3日 済州徐福文化国際交流協会討論会(韓国済州島西帰浦市)がおこなわれました

2015年7月3日、韓国済州島西帰浦市で済州徐福文化国際交流協会討論会がおこなわれました。
討論会のテーマは「徐福展示館と協会活性化方法」でした。討論会開会式には西帰浦市長(写真前列左から5人目)、張欣駐済州道中国総領事(前列左から3人目)、寺澤元一駐済州道日本総領事(前列中央)らも参加しました。

討論者は私以外は全員韓国の方たちで、中国からの参加はありませんでした。
毎年西帰浦市では、中国、日本から発言者を招待し、大会がおこなわれていますが、今回の討論会はそうした恒例のものとは異なります。
今回は西帰浦市の済州徐福文化国際交流協会と済州市の済州道徐福学会が合併し、新たな歩みを始めることになった会議です。
新会長には元会長・金亨卓さんの弟で、元西帰浦市長・金亨受さんが就任しました。

by:
horuhoru
at:
2015-9-27 19:48:07
view:
72

Event Report : 2015年5月23-24日 徐福長寿館開館20周年・徐福東渡2225周年「“徐福を語る”フォーラムin佐賀」

 2015年5月23日、自民党総務会長・二階俊博さんを団長とする3000人余の訪中団が北京を訪れ、人民大会堂で盛大な日中友好交流大会がおこなわれたことが、翌日の新聞等で報道されました。その「3000人」という人数に触れた記事は、私がみた限りではみつけることができませんでしたが、徐福伝説を知っている方でしたら、きっとその数に気づいたのではないかと思います。
 秦の時代、徐福が不死薬を求めて東海に船出したとき、その船には童男童女が同乗し、その数は数千人(『史記』「始皇帝本紀」)、あるいは三千人(『史記』「淮南衡山列伝」)とも言われています。以来、東海を渡る三千人は徐福伝説を思い起こさせます。いったい今回はどんな3000人だったのだろうと、訪中団に参加した和歌山県新宮市商工観光課のTさんに尋ねたところ、和歌山県は団長の地元ということもあり、約240名ほどが参加、市町の首長、県市の議員、他に二階さんの後援会からの参加も多かったようで、徐福伝説伝承地の新宮市は市長とTさんが参加したということでした。
 表でこうした大々的な交流行事がおこなわれた同じとき、日本ではもう一つの日中友好交流行事がありました。5月23日・24日の2日にわたる徐福長寿館開館20周年・徐福東渡2225周年「“徐福を語る”フォーラムin佐賀」です。

 事前に佐賀県徐福会に問い合わせると、大会前夜の22日晩には中国・韓国から参加者が到着しているので、佐賀県徐福会が交流会を開きますとのこと、私もその時間に合わせて出かけました。
 会場は円卓になっており、グループごとに席が分かれていましたが、会場に入ると懐かしい顔、顔、顔。みな再会を喜び、思い思いに記念写真を撮っていました。2012年9月に徐福東渡2222周年記念として開催されるはずだった中国浙江省象山県での象山徐福国際会議が、開催3日前の9月13日に中止が決まり、以来、徐福をテーマに日中韓が大きなイベントで会うことがこれまでなかったのです。今回の大会参加者約200名のうち、中国からは40名もの方が参加していました。
 なかでも中国徐福会会長・張雲方さんは、北京での日中友好交流大会に出席するように言われていたようで、ぎりぎりまで参加できないようだったのですが、直前にようやく許可がおりたとのことで、今大会の開催とともに、ご自身が参加できたことを大変喜んでいらっしゃいました。2012年の中止以来、なかなか再開できない中国での大会開催についても、なんとか来年には実施したいと中国からの参加者とともに、策を練っているようでした。
 23日午後からは「徐福を語るフォーラム」が開催され、日中韓から数名の研究発表がありました。私は今回、浙江省の滋渓市徐福研究会から頼まれていたことがありました。それはこの会場で、「東アジア徐福文化伝承地分布地図」作成に関して、参加者のみなさんにお願いをすることでした。この伝承地分布地図というのは、中国・韓国・日本の徐福伝承地を写真とともに、一枚の表裏の地図で紹介したものです。本来はこの大会を記念して、当日配布するために作成し始めたものだったようですが、事前に地図や原稿のチェックを頼まれ、私もいくつかの誤りを指摘したのですが、そうした声を集めるうちに、急いで未完成品を配布するよりも、この大会に集まってくる方たちの声をかたちにし、納得できるものにしたいという考えに変わったようです。その日本の意見の集約の窓口となるよう、滋渓市徐福研究会から依頼を受けました。
 これは20年前の徐福伝説を取り囲む環境から考えると、大きな違いです。これまで中国では多くの徐福に関する本が書かれてきましたが、私たちの目が通らないうちに完成してしまうため、日本についての記述では間違いも多くありました。それは中国だけでなく、日本でも韓国でも同様だったと思います。今回、そうしたこれまでの経験をふまえ、この大会を校正の場と考えて意見をもらい、後日完成品を届けたいという熱意に、私も本当に使えるものにするために協力したいという気持ちになりました。会場にいた方はその場でチェックをし、参加していない伝承地には、私が送付し、意見をいただくことになりました。また、この分布図制作には、徐福の集まりとは全く関係のないところで、薬用蘭を開発している寧波易中禾生物技術有限公司という会社が出資を申し出てくださったということでした。
 さて、その日の晩は佐賀市主催の交流会だったのですが、会場が小さかったため、中韓の訪日団だけが招待となり、日本国内からの参加者は自主的に交流会をおこないました。どちらの会も筑後川のエツを食べました。エツは徐福がこの地に上陸する際、川べりの葦の葉が落ち、エツとなって導いたとこの地の徐福伝説では伝えています。この時期にしか食べることのできない徐福ゆかりの食を楽しみました。

 2日目、「シンポジウム 徐福東渡を科学する」がおこなわれました。午前のスタートの記念講演は西谷正さん(九州大名誉教授)「稲作と支石墓‐北部九州への伝来ルート」、その後、徐福論文コンクールの表彰式と最優秀賞の橋本進さん(元東京商船大教授)「徐福の航海を科学する」の講演がありました。午後は鼎談「徐福東渡を巡る当時の東アジア情勢」と題し、西谷正さん・菅谷文則さん(奈良県立橿原考古学研究所所長)・高島忠平さん(学校法人旭学園理事長・佐賀県徐福会副理事長)が登壇、その後、徐福論文特別寄稿者による講演、そして最後にパネルディスカッション「徐福東渡と交流・交易“人・モノ・技術”」と題し、コーディネーターを高島忠平さん、パネリストに考古学の立場から菅谷文則さん、航海学の立場から橋本進さん、形質人類学の立場から松下孝幸さん(土井ヶ浜人類学ミュージアム名誉館長)がたち、徐福の時代に思いを馳せました。
 このラインナップから見てもお気付きの通り、佐賀では吉野ヶ里遺跡発掘に関わった方々が佐賀県徐福会を支えているため、毎回、他では聞くことのできない、時には徐福ファンをがっかりさせるような意見も登場します。こうした地域の特徴も、今後各地が徐福伝説をどのように地域の中に生かしていくかを考えるときには重要なことなのかもしれません。私自身は民俗学の立場から徐福を見続けているため、そこに集まる人たちそのものにも興味をもっています。

 大会が盛会に終わり、既に各地から、大会のときにお願いした伝承地分布図の写真の差し替え希望や貴重な意見が集まってきています。私も各地の思いを正確に伝える責任を感じています。




by:
horuhoru
at:
2015-6-25 16:50:00
view:
118

Event Report : 2012年10月20‐23日 徐福ペンクラブ開催(中国山東省・松浦書院)

中国国际徐福文化交流协会の曲さんよりイベント報告が届きました。
2012年10月20‐23日、中国山東省龍口市の松浦書院にて徐福ペンクラブが開催されたとのこと、新たな出かけたい場所もできたようです。
中国語の報告文ですが、このまま掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徐福研究动态
第九十八期

中国国际徐福文化交流协会秘书处
二○一二年十月二十九日

中国国际徐福文化交流协会
举办徐福笔会

为进一步推动徐福研究与文学创作的结合,中国国际徐福文化交流协会与万松浦书院于2012年10月20―23日在万松浦书院举办徐福笔会,中国国际徐福文化交流协会会长、山东省作家协会主席张炜,协会副会长、龙口市政府党组成员初元民致欢迎词,协会秘书长曲玉维向各位来宾介绍了协会研究成果。在龙口的协会领导参加了会议。
中国国际徐福文化交流协会会长、万松浦书院院长、山东省作协主席张炜,山东省作协副主席、日照市作协主席赵?发,《威海文艺》主编、作家张洪浩,中国国际徐福文化交流协会理事、作家张锐强,中国国际徐福文化交流协会理事、作家、烟台开发区文联办公室主任王月鹏,中国国际徐福文化交流协会理事、作家王秀梅,鲁东大学教授瓦当,鲁东大学教授张清芳等参加了笔会并就当前徐福研究的热点问题进行了讲演,就如何围绕徐福开展文学创作展开研讨发言,发表自己的观点看法。大家一致认为徐福研究不仅是学术性的历史研究,也是艺术性的文学创作。徐福作为历史记载的学术人物,留给后人巨大的想象空间,有着强大的艺术生命力。当前徐福研究资料丰富,众说纷纭。要深化徐福研究,必须拓宽研究方向,把文化研究与文学创作有机结合就是一种有效的手段。要搞好徐福文学创作,必须要放空自己,不带成见,将各种资料充分吸收,做出自己的判断。大家纷纷表示要做好案头准备工作,积累资料,适时启动徐福文学创作。
这次笔会必将加强徐福文化研究与文学创作的结合,促进徐福学术成果的转化和升华,把徐福文化研究推向高潮。
22日与会代表参加了万松浦书院水夼工作室揭牌仪式,参观了包括在建的徐福文化园的黄水河湿地公园。

by:
horuhoru
at:
2012-11-24 1:07:44
view:
787

Event Report : 2012年5月3日 韓国巨済市と福岡県八女市が姉妹都市の調印

福岡県八女市のAさんより
2012年5月3日、徐福の縁で韓国巨済市と八女市の姉妹都市の調印が
巨済市で行われましたとの報告をいただきました。

コゼ(巨済)タイムズの記事です。
http://www.geojetimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=64069

八女市では5月30日に調印式が行われるとのこと、
今後も徐福の縁の日韓交流に注目していきたいと思います。

by:
horuhoru
at:
2012-5-8 9:28:57
view:
1078

Event Report : 2012年4月8日、いちき串木野市にて第10回徐福花冠祭

4月8日に、いちき串木野市では第10回徐福花冠祭が行われたそうです。
私は第1回徐福花冠祭に
徐福像除幕式とその記念講演のために出かけているのですが、
この行事も10回を迎えたようです。

前夜祭は徐福の伝承のある冠嶽が見える徐福展望公園にて、
「歌のバリアフリーコンサート」が行われたそうです。
徐福の歌と言えば、鳥羽一郎さんの「徐福夢男」が
比較的知られていますが、
実は田中星児さんも「徐福来朝」という歌を歌っていらして、
前夜祭でも熱唱されている様子をWeb上で見ることができました。

http://hapicon.net/b/report/soto/第10回徐福花冠祭%E3%80%80前夜祭-『歌のバリアフリーコ/

by:
horuhoru
at:
2012-5-7 7:45:27
view:
706

Event Report : 2012年3月31日福岡県八女市にて徐福のミュージカル劇上演

4月1日付の西日本新聞の記事によると、
2012年3月31日、福岡県八女市で、
「徐福」をテーマにしたミュージカル劇が
市民劇団「さくら座」によって上演されたそうです。

http://www.47news.jp/localnews/hukuoka/2012/04/post_20120401021626.html

by:
horuhoru
at:
2012-5-7 7:34:36
view:
725

Event Report : 2011.10.20徐福研究动态第九十四期 中国国际徐福文化交流协会

徐福研究动态第九十四期
中国国际徐福文化交流协会秘书处  二○一一 年十月二十日

编者按:2011年,是中国国际徐福文化交流协会的换届之年,新的生命力已经注入,我们将承载弘扬徐福精神的责任。新一届理事会老中青结合,知识结构比较合理,由各界的优秀分子所组成,这是我们一定会做好工作的基本要素。这也是徐福文化圈最为期待的。

张炜掌舵中国国际徐福文化交流协会

2011年10月13日上午,中国国际徐福文化交流协会第三届会员代表大会在龙口市举行, 74位来自北京、上海、河北、浙江、江苏、河南、安徽、山东等地的协会会员代表及韩国西归浦市徐福协会的代表参加。龙口市委副书记孙军、市政府党组成员林涛出席大会。会上,山东省作协主席张炜当选中国国际徐福文化交流协会会长。
孙军代表市委、市政府对大会的召开表示祝贺。他指出,中国国际徐福文化交流协会在弘扬传统文化,推进中日韩文化交流,加强龙口市与各地区的友谊与合作发挥了积极的推动作用。近年来,龙口在徐福文化研究方面硕果累累,提升了龙口的知名度。徐福文化研究是文化龙口建设的一张亮丽名片,是提高我市文化品位的重要载体,希望徐福文化交流协会能够在徐福文化研究上获得新成绩,取得新突破。中国社会科学院历史所研究员、中国中外关系史学会会长耿升先生,韩国西归浦徐福文化国际交流协会副会长李英根先生,中国海洋大学日本研究中心主任修斌教授,浙江省慈溪市徐福研究会秘书长方印华先生代表兄弟徐福研究会、学会先后宣读贺信。中国中外关系史学会名誉会长会长、香港中华万年网总编辑陈佳荣先生,台湾世界徐氏宗亲总会荣誉理事长徐鸿进先生,日本新宫市市长、财团法人新宫徐福协会理事长田冈富千年先生,日本熊野市市长河上敢二先生,日本神奈川县徐福研究会会长田岛孝子女士,日本富士山徐福学会会长、富士山徐福馆馆长土桥寿先生,日本徐福研究专家逵志保女士、池上正治先生、须田育邦先生,中国徐福会、浙江省岱山县徐福研究会、浙江省象山县徐福研究会、江苏省苏州徐福研究会、江苏省连云港徐福研究会、河北省盐山县千童会、河北省秦皇岛碣石暨徐福研究会、山东省胶南琅琊暨徐福研究会、山东省龙口徐福研究会也分别发来了贺信、贺电。
会上,中国国际徐福文化交流协会法人代表、常务副会长赵仁强先生代表中国国际徐福文化交流协会第二届理事会作了工作报告。协会副会长朱亚非先生作了关于修改协会章程的说明。先后选举产生了新一届协会六十一名理事、二十六名常务理事和七名协会领导,聘请了两名协会名誉会长、九名协会顾问、三名协会副秘书长。还对十一名徐福文化研究特别贡献奖获得者进行了表彰。刚刚以《你在高原》获得第八届茅盾文学奖的山东省作协主席张炜当选协会会长后作了热情洋溢的就职讲话。他表示新一届协会班子将会带领协会审时度势、奋力开拓,以国际化的视野、现代化的高度将徐福文化研究推向新的境界,为人类文明做出新的贡献。随后,张炜会长主持召开了第一次会长办公会,对今后五年工作进行了部署分工安排。
是日下午,四十七名协会会员举行了《徐福词典》编纂研讨会,各位专家学者就《徐福词典》的编纂进行了交流发言。《徐福词典》是一部汇集迄今为止全部徐福研究成果的书籍,是一部先秦、秦汉时代的百科全书,其文风沉实、准确、明晰、可观。现已完成六十余万字的编纂工作。会后,协会秘书长曲玉维率《徐福词典》编辑分三组走访各地徐福研究组织,进一步充实资料,考察实况。

by:
horuhoru
at:
2011-10-22 20:07:28
view:
921

Event Report : 2010年10月22日ー24日 第8回中国贛楡国際徐福節

2010年10月22日ー24日、中国徐福会によれば今年は徐福東渡2220年の記念の年、中国江蘇省連雲港市近郊の贛楡県にて第8回中国贛楡国際徐福節が行われました。

23日午前中は新しくできた徐福廟で300人近くをあつめての儀式や演舞があり、午後は贛楡県の新たな施設等を見学、贛楡県の歴史と未来を想定した映像を3Dで見ることができました。晩は屋外の競技場で2‐3万人でしょうか、徐福節にちなんだコンサートがありました。会場の高校生の熱狂ぶりを見るときっと人気の歌手たちなのでしょう。
24日午前中は国際会議。その様子を新華社通信のカメラマン杜さんが映像配信しています。
http://u.youku.com/user_show/uid_DQHR

今回の会議は日中間の政治的な問題があり、開催まで心配もありましたが、こうした事情を乗り越える力が徐福を取り囲むネットワークにできてきたことを証明できた機会でもありました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

by:
horuhoru
at:
2010-11-13 19:37:13
view:
1120

Event Report : 2010年7月5日航海博物館(上海)にて徐福像等除幕

中国山東省龍口市徐福研究会の曲さんより、下記の通りご報告いただきました。航海博物館、是非出かけてみたいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
龙口徐福像亮相上海
世博会期间也有龙口 元素 国家交通运输部和上海市政府共同建设的中国第一家国家级航海博物馆于2010年7月5日上海世博会期间正式开馆。其中航海历史馆秦汉魏晋版块陈列了龙口市徐福研究会监制的徐福石雕像和徐福东渡碑,它们是龙口市赠送韩国和日本“徐福公园”的复制品。据上海的武世刚先生介绍:中国航海博物馆作为世博会的配套文化项目,2006年工程奠基。筹建之初,博物馆就派人到中日韩徐福传承地寻访,最后选中龙口徐福园的作品与郑和的铜像作为中国古代航海家的代表。龙口市徐福像列入中国(上海)航海博物馆,说明是把徐福作为中国乃至世界最早航海家、探险家的首肯,也是对龙口市徐福研究文化传播工作的认同。

龙口市徐福研究会办公室
2010-7-8

by:
horuhoru
at:
2010-7-15 9:10:28
view:
1743

« 1 (2) 3 4 »