_HD_SKIP_CONTENTS

_HD_BREADCRUMBS

TOP  >  REPORT


Event Report : 2010年2月3日 巨済徐市留宿地研究会日本八女市参観記

3か月も前に赤崎敏男さん(八女市)から翻訳付きでいただいていた記事です。更新が大変遅くなりました。(逵が翻訳文に漢字などの修正を加えています。)
赤崎さんはこの春、御退職になり、今月末から韓国に語学留学されます。韓国の徐福を取り巻く新たな情報がいただけると期待しています。
どうぞよろしくお願いします。

注:本文の「徐市」の「市」はフツという市とは別の漢字なのですが表記できず、市で表しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[기고: 이무홍]'거제시서불연구회,'일본야메시 참관記'
거제시 연구회원 5명 일본 후쿠오카현 야메시 산내 <동남산 후쓰베> 참관

2010년 02월 03일 (수) 13:57:54 서정자 jjtimes@naver.com

지난 1월 19일 ‘거제시서불유숙지연구회’ 회원 5명은 부산항을 아침 일찍 출발해 일본 후쿠오카 하카타항에 12시33분에 도착해 ‘야메시 문화계 아카사키 박사’의 영접을 받았다. 야메시에서 매년 1월 20일 거행하는 산내(山內)의 전통행사는 야메시의 동남산·견미성지보존회가 주관하고·야메시의 후원해 천기(川崎)소학교 5·6학년 학생들이 참여하는 서불(일명 徐福)일행의 일본상륙~서불(徐市)의 임종(臨終)을 기리는 행사로 정착시켰다. 이 자리에 우리가 초청을 받아 참석한 것이다.

< 참관 제 1일>
서복장수관 : 후쿠오카(福岡)를 출발 1시간 정도 소요된 15시30분에 도착한 사가현 김립공원(佐駕縣.金立公園)의 서복장수관(徐福長壽館)에는 ‘일본에서 수집한 불로장생초·서복석상을 시대적으로 망라, 수집한 문헌’들을 진열하였고, 공원 공간을 넓게 수용하고 있었다.

야메시장 표경(表敬)방문 : ‘서불유숙지연구회’일행은 야메시청에서 미타무라 사네유키 시장(三田村統之)을 예방하여, 향후 거제시·야메시 間 서불의 신화·전설을 기초로 문화·관광·농특산물 교류 등 폭넓은 분야에 관여키로 하고, 지난 연말에 거제시 방문을 올해로 연기된 행정적인 까닭을 피력했다.

두 지역의 농산물을 서로 ‘바꿔 먹자는 발상’에는 친밀감이 베여 있다는 공감대가 형성되었다. 우리는 간단한 선물로 ‘멸치·유자차·마을방문을 기대하고 만든 기념타올’등을 가지고 갔었다. 일본의 토양은 ‘화산토’이지만, 한국의 거제도의 토질은 대부분 ‘황토(黃土)이다. 이 사실은 유의할 만하다.

주최측이 예약한 호텔에 여장을 내려놓고, 야메시가 마련한 ‘환영회’에 참석해 지난해에 서불유숙지연구회를 방문했던 부시장(北嵨藤孝)·아카사키 박사의 우호감이 충만한 ‘일본식 밥상·향연’의 분위기를 만끽했다.

< 참관 제 2일>
동남산 고분(古墳)후쓰베 행사가 2010(平成 22년 1월 20일.水.10:00시) 기천소학교 5·6년생 아동들의 연극(紙芝居·종이 연극 일종·徐市일본종착~임종과정을 그림으로 표현)과 아동들의 청소·낙엽태우기·지역 각대표 인사·내빈인사·행사음식으로 단팥죽·떡(우리 음식과 유사)제공 등으로 진행됐다. 흥미로운 분야는 소학교 5·6학년 아동들은 학교에서 서불전설을 문화·역사로 발전시켜 배우고 있어, 1930년대에 창립한 이래 기천소학교 5·6학년들은 ‘組上 徐市 + 川崎 5·6학년’의 등식이 일본 역사가 진행하는 동안 동반(同伴)진보할 것으로 전망됐다.

야메시에는 정교한 녹차제품이 많이 개발되었다. 녹차밭이 동남산을 비롯 끝이 보이지 않는 곳도 있다. 이 녹차밭들에는 ‘바람개비’가 설치되어 바람이 불면 예민하게 기능한다. 이름 봄부터 녹차 여린잎이 피어나는 시기에 서리가 내린다고 한다. 대기 중에서 내려오는 서리를 이 바람개비가 흩날려 버리면 서리의 찬 기운이 완화되는 역할을 한다고 한다.

지난해 9월 중국 자계시 ‘2009중국서복학술대회’에서 한.중.일 협약서를 체결한 바 있으나, 일본 야메시측이 양국 간의 우호증진을 더욱 압축시키고자 체결서(締結書)를 [日本國八女市童南山·犬尾城址保存會·韓國巨濟市徐市留宿地硏究會]會長의 서명으로 1부씩 간직했었다. 이 체결서는 와현마을의 ‘徐市留宿地’기념비가 비바람에 닳아 없어질때까지 유효(有效)하리라.

주최측은 초청받은 우리 일행에게 행사장 ‘환영 플래카드’로 예우를 잊지 않았다. 또한, 행사 후 점심·체결서 서명 환영회 디테일은 일본 음식문화의 정수를 맛보기에 손색이 없었다. 참 아름다웠다.

< 참관 제 3일>
귀향일, 태재부 천만궁은 여전히 아카사키 박사 가이드로 세 번째 관람이었는데, 나(新羅)·당(唐)연합군에 패한 백제·유민(百濟·流民)이 500년 이상 거주한 곳으로 알려져 있다. 한국인이 후쿠오카 지역을 관광할 때면 아소화산과 천만궁을 가장 선호한다고 한다. 이 천만궁 경내에 있는 상록거목 중에 ‘녹누마(일본명 쿠스)’가 있는데, 이 나무의 크기나 수령은 얼마나 될까? 4년여 전에 이 녹나무 열매 수십개를 주워 갖고와 흙에 묻었던 거 중 하나가 오두막 뒷밭에 3m넘는 크기로, 상록수로 계속 성장하고 있다.

서불(徐市)의 출해동도(出海東渡)
진시황의 ‘방사 서불’이 황제의 명으로 불로불사약을 구하러 봉래산으로 왔었다는 기록이 사기(史記·사마천 著)에 있다. 중국 자계시의 달봉산(達峰山)은 서불과 연관된 지명으로, 중국서복회는 정부의 협력으로 거대.장엄한 유적들을 세웠고, 만들고 있다. 단순한 전설인 테마가 아니라, 역사에 기록된 사실이라는 것이다.

희랍 ‘신화·호머의 오딧세이는 트로이 목마’가 전설이 아니며, 로마는 트로이 목마 왕족녀(王族女)가 로마 창시자 ‘로물루스’를 낳았다고 기록하고 있다. 해금강과 와현(누우래)는 2220년 전 자기들의 조상 서불이 출해동도 時 유숙했다는 일을 ‘2010서불 출해동도 발자취를 찾아서’라는 이벤트로 제시하고 700~800명을 태운 서복호를 이번 가을 [중국~유숙지~종착지]행사에 띄울 것을 제의했다.

와현마을 개발위원회 회원들은 서불유숙지 연구회원으로 동참·서울에서 개최될 한국서복회(이세기 회장)에 거제지회 회원으로 접수했다. ‘서불유숙지’연구회는 야메시 행사에 참석하여, ‘한.중.일 2010서불사진전.서불거제학술회의’를 개최할 예정을 피력했다.

2009.12.21. ‘전남발전연구원’이 주최한 남해안개발원/경남발전연구원이 [남해안의 불로장생(진시황·서불)]을 경남 프로그램 첫머리(서두)에 배치하고,
?서불유숙지·와현에 진시황 누각 건립.
?누우래·와현해수욕장~해금강(도장포.구간왕복 42km)에서 徐市마라톤대회의 정례화를 채택했다.
이 ‘남해안 불로장생.문화사업’은 거제시민의 안거창조(安居創造) 깜으로서 시민들이 동참해 줄 것으로 기대한다.
2010.2.4 立春에
徐市留宿地 硏究會 회장 李 武 弘

서정자의 다른기사 보기

ⓒ 거제타임즈(http://www.geojetimes.co.kr) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[寄稿: イムホング]'巨済徐市留宿地研究会,'日本八女市参観記'
巨済市研究会員 5人日本福岡県八女山内童男山ふすべ参観

2010年 02月 03日 13:57:54 寄稿者 jjtimes@naver.com

去る 1月 19日 ‘巨済市徐市留宿地研究会’ 会員 5人は釜山港を朝早く出発して日本福岡博多港に 12時33分に到着して ‘八女市赤崎氏’の迎えを受けた.八女市で毎年 1月 20日行う山内(山内)の伝統行事は八女市の童男山•犬尾城址保存会が主催して•八女市の後援で川崎小学校 5•6年生たちが参加する。徐市(=徐福)仲間の日本上陸から徐福(徐市)の臨終(臨終)を称える行事で定着させた.この席に私たちが招請を受けて参加したのだ.

参観第 1日
徐福長寿館: 福岡(福岡)を出発 1時間位必要となった 15時30分に到着した佐賀県.金立公園の徐福長寿館には ‘日本で収集した不老長生草•徐福石像を時代的に網羅,収集した文献’が陳列され、公園空間を広く収容していた.

八女市長表敬訪問 : ‘巨済市徐市留宿地研究会’仲間は八女市長三田村統之を表敬訪問して,今後の巨済市•八女市 間 徐福の神話•伝説を基礎にして文化•観光•農業特産物交流など幅広い分野に関与する事にして,去る年末に巨済市訪問を今年に延期された行政的なわけを打ち明けた.

二つの地域の農産物をお互いに ‘変えて食べようという発想’には親しみあり共感された。.私たちは簡単な贈り物で ‘いわし•柚子茶•村訪問を期待して作った記念タオル’などを持って行った.日本の土壌は ‘ファサント’だが,韓国の巨済島の土質は大部分 ‘黄土(黄土)だ.この事実は留意するに値する.

主催側が予約したホテルに旅装を下ろして,八女市が用意した ‘歓迎会’に参加して去年に巨済市徐市留宿地研究会を訪問した副市長(北 藤孝)•赤崎の友好感が充満する ‘日本式食膳•’の雰囲気を満喫した.

参観第 2日
童男山古墳(古墳)ふすべ行事が 2010(平成 22年 1月 20日.水.10:00時) 川崎小学校 5•6年生の児童たちの演劇(紙芝居•紙演劇一種•徐市日本終着~臨終過程を絵で表現)と児童たちの掃除•校長•地域代表あいさつ•来賓あいさつ•行事食べ物で汁粉•餠(私たち食べ物と類似)提供などに進行された.おもしろい分野は小学校 5•6年生児童たちは学校で徐福伝説を文化•歴史で発展させて学んでいて,1930年代に創立した以来川崎小学校 5•6年生たちは ‘組上 徐市 + 川崎 5•6年生’の等式の日本歴史が進歩することと見込まれた.

八女市には精巧な緑茶製品がたくさん開発された.緑茶畑が東南山をはじめ終りが見えない所もある.この緑茶畑たちには ‘風車’が設置されて風が吹けば鋭敏に機能する.名前春から緑茶が咲き始める時期に霜が降ると言う.大気の中から伝われる霜をこの風車が飛び霜の冷気が緩和される役目をすると言う.

去年 9月中国慈渓の時 ‘2009中国徐福学術大会’からたいてい.中.日・韓協約書を締結した事があるが,日本八女市研究会が両国の間の友好増進をもっと圧縮させようと締結(締結書)を [日本国八女市童男山•犬尾城址保存会•韓国巨済市徐市留宿地研究会]会長の署名で 1部ずつおさめた.この締結では臥硯村の ‘徐市留宿地’記念碑が雨風に擦れて消えるまで友好しよう.

主催側は招かれたうちの連中に行事場所 ‘歓迎プラカード’で礼遇を忘れなかった.また,行事後お昼歓迎会は日本食べ物文化の定数を味わうのに劣らなかった.本当に美しかった.

参観第 3日
帰り道である,大宰府天満宮は相変らず赤崎氏のガイドで三番目観覧だったが,私(新羅)•(唐)連合軍に敗れた百済•流民(百済•流民)が 500年以上居住した所と知られている.韓国人が福岡地域を観光する時なら阿蘇火山と天満宮を一番好むと言う.この天満宮境内にある常緑巨木の中に ‘ノックヌマ(日本人クス)’があるのに,この木の大きさや受領はどの位だか?4年余りの前にこのくすのき実数十を拾っていて来て土についたことの中で一つが小屋後畑に 3m超える大きさで,青木でずっと成長している.

徐福を(徐市)の出海東渡
秦始皇、この皇帝の命で不老不死薬を求めに蓬莱山に来たという記録が(史記•司馬遷 著)にある.中国慈渓の時の(逹峰山)は徐福と連関された地名で,中国徐福会は政府の協力で巨大.荘厳な遺跡たちを建てたし,作っている.単純な伝説であるテーマではなく,歴史に記録された事実というのだ.

希臘 ‘神話•ホーマーのオデッセイはトロイ木馬’が伝説ではなくて,ローマはトロイ木馬ワングゾックニョ(王族女)がローマ創始者 ‘ロムルス’を生んだと記録している.海金剛と臥硯(横になると言う)と言う 2220年前自分たちの先祖徐福が東渡した 時 止宿したという事を ‘2010徐福の足跡を捜して’というイベントで提示して 700~800人を乗せた徐福号を今度秋 [中国~留宿地~終着地]行事に浮かべることを申し入れた.

臥硯村開発委員会会員たちは徐市留宿地研究会員で同参•ソウルで開催される韓国徐福会(李世基会長)に巨済支会会員で受け付けた.‘徐市留宿地’研究会は八女市行事に参加して,‘たいてい.中.仕事 2010徐福巨済学術会議’を開催する予定を打ち明けた.

2009.12.21.‘全南発展研究員’が主催した南海霧発源/慶南発展研究員が [南海岸の不老長生(秦始皇•徐福を)]を慶南プログラム書き起こし(書き始め)に配置して,
?徐市留宿誌地•臥硯に秦始皇樓閣建立.
?横になると言う•臥硯海水浴場~海金剛(図章鋪.区間往復 42km)で 徐市マラソン大会の定例化を採択した.
これ ‘南海岸不老長生.文化事業’は巨済市民の安居創造(安居創造) 敷くことで市民たちが同参してくれるので期待する.
2010.2.4 立春に
徐市留宿地 研究会 会長 李 武 弘

by:
horuhoru
at:
2010-5-16 3:34:49
view:
1374

Event Report : 2010年1月20日福岡県八女市山内「童男山ふすべ」と姉妹提携の報告

例年通り1月20日に福岡県八女市山内で「童男山ふすべ」が行われました。早速、八女市役所の赤崎敏男さんよりご報告いただきました。

今年の「童男山ふすべ」は上々の天気、巨済島研究会との姉妹締結も無事終了しました。19日夜は八女市長、副市長、保存会関係者参加の歓迎会、20日の「童男山ふすべ」後は、山内町内会との交流会、今年で大津先生も引退、感謝状を贈呈しました。

巨済島関係者の情報ですが、2月はじめソウルで韓国徐福会が発足。会長に李世基さん、副会長に済州島、西帰浦、巨済、南海島の各研究会の会長が就任するそうです。
巨済島では市の補助が付き、来年度の事業として写真展セミナー等を予定しているそうです。

本文にありました「姉妹締結」とは、「徐福の顕彰、及び研究と文化交流を進めるため童男山・犬尾城址保存会と徐市留宿地研究会は姉妹提携」の締結とのことで、
以下のことについて締結書を交わしました。
1 徐福を通じての研究並びに文化交流を行うこと
1 徐福に関する情報、資料の交換を行うこと
1 徐福に関する事業推進に協力すること

by:
horuhoru
at:
2010-1-29 8:38:27
view:
1393

Event Report : 2009年9月25日‐27日 2009中国徐福文化国际论坛の報告

2009年9月25日‐27日、中国浙江省慈渓市の達蓬山大酒店において、
2009中国徐福文化国际论坛が行われました。

この会議に合わせて会場となるホテルばかりか遊園地などの施設が全てオープンとなったようで、参加記念の写真撮影も遊園地の中で行われました。
これまで各地市政府のみなさんが中心となって運営されていた大会が、今回は企業による徐福への参入という新たな面を見ることになりました。
来年は徐福東渡2220年記念の年なのだそうで、来年への中国徐福会としての企画・抱負が宣言されました。

こうした企画案が出されたことそのものも新しいことでしたが、日本や韓国の参加者の代表を集めて意見を求める姿勢は長年徐福研究の現場に足を運んできた者としては実に感慨深いものです。
これまで尽力してきた徐福に関わる方々への表彰とともに、こうした進行ぶりに、新たな歩みが始まっていることを強く感じました。

参加者は日本から60名ほど、韓国から25名ほど、中国の方を合わせて全体には200名を超える大きな会でした。
参加者のみなさまお疲れさまでした。

以下、お知らせしていたものと一部変更がありましたので当日版を載せておきます。

9月25日
全天 报到(需要签到)
地点:达蓬山大酒店一层大厅
全天 机场接机,接机牌中日韩文字 “欢迎参加09徐福文化国际论坛的嘉宾”
晚上 20:30—21:30 各地徐福会负责人碰头会 地点:酒店一层会议室(名单另附)
(内容:1、讨论倡议书 2、讨论会议日程 3、控制大会、研讨会时间)
参加人员:日本:逵志保 村冈央麻 田岛孝子 赤崎敏男 铃木秀 白希智 池上正治
韩国:金俊渊 金佳永 李国振 李武弘
台湾:徐鸿进
中国:徐福会人员:刘智刚 张云芳 张美荣 陈效禹
翻译:杨晶 黄荣光 金允熙
各地:张良群 钟安利 曲玉维 周凤鸣 陶和平 刘辉 李书和 蔡可卿
盛鑫夫 方印华 李占超

9月26日
上午(全体大会)
会议时间:2009年9月26日09:30—11:30
会议地点: 浙江省慈溪市达蓬山大酒店会议室
主持人:中国徐福会副会长 张云方

日程:09:00 会议接待、参会人员签到
09:30 会议主持人 张云方 宣布会议开始、介绍与会嘉宾
09:35 中国徐福会会长 刘智刚 致辞
09:40 中共慈溪市委書記 洪嘉祥 致辞
09:45 日本国驻中国大使馆政務和総務参事 横地晃 致辞
09:50 韩国前统一部部长、韩中亲善协会会长 李世基 致辞
09:55 日本佐贺市副市长 古贺胜夫 致辞
10:00 中国国际徐福文化交流协会秘书长 曲玉维 致辞
10:05 文化部社团管理中心副主任 马俊英 致辞
10:10 中国徐福会副会长 李书和 宣读受奖单位和表彰词
10:15 中国徐福会副会长 周凤鸣 宣读受奖个人和表彰词
10:20 表彰 颁奖
受奖单位上台领奖。
 佐賀県徐福会 西帰浦市徐福文化国際交流協会
 連雲港徐福研究会 龍口市徐福研究会
 宁波雅戈尔达蓬山旅游投资开发有限公司
发奖者:刘智刚 杨振亚 洪嘉祥 横地晃 马俊英
受奖个人上台领奖。
 羽田孜 李世基 村岡央麻 三善喜一郎 石倉昭重
 宮下長春 管正 張良群 蔡可卿
发奖者:刘智刚 杨振亚 洪嘉祥 横地晃 马俊英 王众一
张宇杰 横堀克己
10:40 受奖单位代表连云港徐福研究会副秘書长 陳博林 发言
10;45 受奖个人代表日本佐贺县徐福会会长 村冈央麻 发言
10:50 日本田岛孝子代表前首相 羽田孜 发言
10:55 中国徐福会副会长 宁波雅戈尔达蓬山旅游投资开发有限公司总经理 毕?祥 宣读中日友好协会贺信
11:00 日本佐贺县厅国际厅副课长 原恒久 宣读佐贺县知事 贺信
11:05 中国徐福会副会长兼秘书长 张美荣 宣读徐福东渡2220周年纪念活动的倡议书
11:15 全体与会代表照相
11:30 会议结束
12:00 招待午宴开始(地点:达蓬山大酒店宴会厅)

下午(论坛讨论)会议分三节举行
会议时间:2009年9月26日 下午14:00-17:45
会议地点: 慈溪市达蓬山大酒店会议室

第一节: 主题发言
主持人:日本佐贺县徐福会会长 村冈央麻
14:00 中国徐福会副会长 张云方 发言
14:20 日本徐福研究著名学者 逵志保 发言
14:40 韩国西归浦徐福文化国际交流协会 禹珪日 发言

第二节: 专题发言
上半节 主持人:韩国济州道徐福文化学会会长 高应三
15:00 中国徐福会副会长、连云港徐福研究所所长 张良群
15:10 日本佐贺徐福会 和佐野喜久生
15:18 韩国巨济市徐福留宿地研究会顾问 李性辅
15;26 日本八女市教育委员会 赤崎敏男
15:34 前中国駐日本長崎総領事 日本中部大学教授 曾文彬
15:42 连云港徐福研究会 戚贵森

15:50 休息10分钟

下半节 主持人:日本徐福研究著名学者 池上正治
16:00 慈溪徐福研究会秘书长 方印华
16:10 山东胶南琅琊暨徐福研究会会长 钟安利
16:18 中国徐福会副秘书长 方毓强
16:26 日本神奈川徐福研究会秘书长 河野通広
16:34 浙江象山县徐福研究会副秘书长 盛鑫夫
16:42 日本佐贺徐福会副会长 占部义弘
16:50 台湾徐氏宗亲会理事长 徐鸿进
16:58 慈溪市徐福研究会顧問 費志軍

第三节 讨论交流
主持人:中国徐福会副会长 李书和
16:58 开始
17:35 中国徐福会会长 刘智刚 会议总结
17:45 会议结束
18:00 举行招待晚宴。地点:慈溪市达蓬山大酒店宴会厅。晚宴上,慈溪市领导致祝酒词,而后欣赏慈溪青瓷瓯乐艺术表演和日韩节目互动。 

9月27日
上午:8:00 酒店大厅集合乘坐大巴至中国徐福文化园
上午:8:30 “徐福东渡成功起航地”揭幕仪式
地点:中国徐福文化园入口广场
上午:9:30 祭天仪式 地点:中国徐福文化园祈求坛
上午 11:30 结束,乘车返回达蓬山大酒店
中午 12:00 午餐 达蓬山大酒店 宴会厅(餐后会议结束)
下午 慈溪市政府、达蓬山旅游公司安排机场送机事宜等

会议地点:达蓬山大酒店
地址:浙江省 慈溪市龙山镇(原三北镇)达蓬山旅游度假区
酒店总机电话:0574-58586666
咨询电话: (中文、日文可)
(中文、韩文可以)

by:
horuhoru
at:
2009-10-3 10:08:44
view:
1845

Event Report : 韓国・巨済島「韓日徐市学術座談会」の報告

2009年6月27日、韓国・巨済島で「韓日徐市学術座談会」が行われました。八女の赤崎さんから韓国で報道された記事をお送りいただきました。韓国語のままで申し訳ありません。

http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/preview/at_prev_pg.aspx?CNTN_CD=A0001168550

by:
horuhoru
at:
2009-8-31 9:19:41
view:
1146

Event Report : 日本・和歌山県新宮市「徐福講演会」の報告

日本・和歌山県新宮市で毎年恒例の「徐福講演会」が行われました。
報告は新宮徐福協会の鈴木秀さんです。内容にも触れていただき、感謝しています。

  2月17日(火)午後1時30分から新宮商工会議所大会議室で、
  新宮徐福協会主催の「徐福講演会が」開催されました。
  講 師   山崎泰氏(新宮市立図書館司書)
  演 題   「徐福を巡る人々〜明治・大正・昭和〜」
  聴講者   約70名

  講演内容
  1.徐福の墓の碑について
   徐福の墓は、江戸時代には藩から保護されていたが
   明治時代に入り墓は荒らされ敷地もせまくなっていた。
   また、墓が田圃に投げ込まれるということもあり、
   これに憤慨した地元青年会が立ち上がり保護活動を行い、
   周囲を買収したりして次第に拡張していった。
     
  2.七塚の碑について
   「七塚の碑」は江戸時代の速玉大社の新宮末社図にも描かれていたが、
   所在ははっきりしていなかった。
   しかし、昭和29年の紀南新聞記事に七塚の所在が載っている。
   七つの塚が「北斗七星」の形で徐福の墓を守っているように囲んでいた。
   しかしつなぎ合わせてみるときっちりした「北斗七星」にはみえない。
   聴講者の中で点をつないでみてほしい。
             
  3.新宮保勝会について
   新宮保勝会は観光協会の前身であり、
   大正末期の国立公園指定の運動の一環で当時の熊野地方各地にできた。
   徐福の保存会もそのような状況の中でできたものであるが、
   明治の末期に30坪だったものが昭和10年に489坪にもなった。
   これは保存会の大きな力であった。
   昭和12年には、中国風の楼門ができたが、昭和21年の地震で倒壊した。
   この楼門の有無で写真の年代測定ができる。

  〈仁井田好古の碑文の建立〉
   碑文については、天保六年に制作され船で運ぶ途中に沈んでしまった。
   現在の碑文には天保五年となっており、なぜ天保五年になったか不明である。
   逵先生の著書『徐福伝説考』も出されて先生が疑問視されている部分を朗読しました。
   これについての資料はないため、資料についてわかればぜひ教えてほしい。
     
   最後に質疑があり、二人の方から質問がありました。

   あまり講演会のお知らせもしていなかったようですが、当日は約70名程の方が聴講され徐福に対する熱い思いを感じられました。





by:
horuhoru
at:
2009-2-20 9:03:30
view:
1288

Event Report : 日本・福岡県八女市「童男山ふすべ」の報告

2009年1月20日、日本・福岡県八女市で行われた「童男山ふすべ」のご報告を教育委員会の赤崎敏男さんよりいただきました。(カッコ内は逵 )

  今日は近年にない最高の天気の中で(童男山)ふすべは無事終了しました。
  ギャラリーは約150名、子どもたち35人、来賓20人の総勢200名。
  お客様として佐賀の森先生、大串さんが来訪、大津先生も元気で語り部、長寿ぜんざいも売り切れ。
  今年の写真をお送りします。

写真とともに、記録用に先日まで記しておきました案内文も掲載しておきます。ご案内・ご報告ありがとうございました。

・・・・・・・・・・案内文
八女市立川崎小学校   校長 奥西一臣
童男山・犬尾上址保存会  会長 熊谷恒樹

本年度も郷土の伝統行事「童男山ふすべ」を下記の通り実施いたします。この行事はね八女市が誇る文化遺産である童男山古墳を愛護し、徐福伝説を偲び、先人の遺産を末永く守り伝えるために、例年、地元山内の「童男山・犬尾上址保存会」と川崎小学校が一体となって行っております。
つきましては、皆様には公私ともご多用な折とは存じますが、ご臨席いただきますようご案内いたします。
     記
1 日時 2009(平成21)年1月20日(火) 午前10時(雨天決行)
2 福岡県八女市山内 童男山古墳

3 参加者 来賓、保存会、賛助の方々、山内町内の方々、川崎小学校5・6年児童と教職員、その他
4 ねらい
(1)童男山ふすべの由来について理解させ、徐福の霊 をなぐさめると共にね身近にある遺跡を大切にする態度を育てる。
(2)外国人に対して、郷土の人々が温かく接した様子を知らせ、今後もそのような態度を受け継いで行こうとする心情を育てる。
5 日程
学校発 8;25
清掃作業(全校児童) 8;45‐9;15
童男山ふすべ
開会のことば 10;00
ふすべ点火 お参り(代表)
主催者あいさつ(校長・会長)
来賓あいさつ(来賓)
徐福伝説の話(語り部)
徐福伝説の紙芝居(6年児童)
閉会のことば 11;20


금년도도 향토의 전통 행사「童男山ふすべ」을 아래와 같이 실시하겠습니다.
이 행사는 야메시가 자랑하는 문화유산인 童男山고분을 애호 해, 조후쿠 전설을 그리워해, 선인의 유산을 오래도록 지켜 전하기 위해서, 예년, 현지 山内의「童男山·犬尾城址保存회」라고 카와사키 초등학교가 일체가 되어 가서 있습니다.
따라서, 여러분에게는 공사와도 다용인 때라고는 생각합니다만, 참석 주시도록 안내하겠습니다.



1 일시 2009년 1월 20일(화)
오전 10시 (우천 결행)

2 야메시 山内 童男山고분

3 참가자 내빈, 보존회, 찬조의
분 들, 야마우치쵸내의
분들, 카와사키 초등학
교 5·6년 아동교직원,
그 외

4 군요들 있어

(1) 童男山ふすべ의 유래에 대해 이해시켜, 조후쿠의 영혼을 위로함과 동시에가까이에 있는 유적을 소중히 하는 태도를 기른다.
(2) 외국인에 대해서, 향토의 사람들이 따뜻하게 접한 모습을 알려 향후도 그러한 태도를 계승해 가려고 하는 심정을 기른다.

5 일정

学校
発 8; 25
청소 작업(전교 아동) 8; 45‐9; 15
童男山ふすべ
개회의
말 10; 00
방법 점화 참배(대표)
주최자 인사(교장·회장)
내빈 인사(내빈)
조후쿠 전설의 이야기(이야기꾼)
조후쿠 전설의 그림 연극(6년 아동) 폐회의 말 11; 20









by:
horuhoru
at:
2009-2-2 9:46:51
view:
1256

Event Report : 韓国・済州島で温家宝中国首相揮毫の石碑除幕式

韓国の中央日報2008年12月29日のイェ栄俊(イェ・ヨンジュン)政治部門次長による記事によれば、

韓国の徐福渡来伝承地の一つである済州島の西帰浦徐福公園で、 先週(他紙による情報によれば12月26日のようです)、温家宝中国首相揮毫の石碑の除幕式があったとのことです。

記事の締めくくりは次のようにまとめられています。
「温首相の文字を見ながらふと思った。さる13日に福岡でスタートした韓中日3カ国首脳会談を韓国で開催する順番になれば、西帰浦を会談場所にするのがよいと。 徐福を媒介に3カ国間の綿々たる交流の歴史を再確認して会談に臨めば、今日の些細な葛藤ぐらいはすぐに解決するのではないだろうか。 徐福が探し求めていた不老草の代わりに済州道の山麓で裁培した雪緑茶を添えれば、それこそ錦上添花になるはずだ。」

記事の詳細は
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109380&servcode=100§code=120
をご覧ください。

by:
horuhoru
at:
2008-12-31 0:34:46
view:
1411

Event Report : 日本・宮崎県延岡市「第一回 徐福まつり」開催

延岡商工会議所広報誌「会報のべおか」の記事を掲載している「会報のべおか・ウェブ版」(平成20年12月号)によれば、
日本・宮崎県延岡市で2008年10月26日(日)に、幸町・サンロード栄町・山下町・祇園町・今山などを会場に、「第一回 徐福まつり」が開催されたとのことです。
詳細→
http://www.miyazaki-cci.or.jp/nobeoka/blog2/2008/12/post-54.html

「このまつりは、延岡市今山に伝わる徐福伝説をまちづくりに活かそうと企画されたもの」とのこと、上記のページを拝見すると祇園町には徐福堂・徐福像が作られ、「秦の始皇帝の命を受け、蓬莱山に渡った「長寿の神」徐福の名に相応しいイベント」が行われたようです。

2003年1月、同じ宮崎県の南郷村(当時)に百済王伝説を起源にすると伝わる「師走祭り」の調査に行く途中に立ち寄った延岡市今山八幡宮には移転されてきた徐福岩がぽつんと置かれている状態でした。

5年間の間にこの地域に何があったのか、来年1月の「師走祭り」の帰りに寄ってみようと思います。

by:
horuhoru
at:
2008-12-24 10:43:41
view:
1118

Event Report : 韓国・済州島西帰浦市の徐福東渡像彫刻作品除幕式の報告

 済州島研究の友人Iさんは徐福研究とは直接関係がないのですが、徐福に関するニュースをご友人から得たと転送くださいました。韓国語が全くできない私は翻訳もお願いして、ようやく済州島西帰浦の徐福ニュースを入手することができました。Iさん、そしてご友人、御協力ありがとうございました。

'진시황 불로초 찾아'
조각작품 서귀포에(제주=연합뉴스) 홍동수 기자
중국 허베이성(河北省) 진황도(秦皇島)시가 제주도 서귀포시에 기증한  서복동도상(徐福東渡像) 조각작품 제막식이 24일 오 후 서귀포시 정방폭포 입구 서복전시관에서 열렸다.
서복동도상은 진시황이 신하인 서복에게 600명을 거느리고 동쪽으로 건너가 불로초를 구해오도록 명 하는 장면을 표현한 작품으로, 길이 4.4m, 높이 2.5 m, 두께 30m 규모로 제작됐다.진황도시는 서복동도상과 함께 '徐福公園'(서복 공원)이 새겨진 석상과 진황도시에 있는 서복 비석 복제품 2점, 서복 판석 6장도 함께 서귀포시에 기증 했다.
이날 제막식에는 진황도시 부시장 등 중국측 인사 6명과 서귀포시 관계자, 주민 등 200여명이 참가했다.
2003년 10월 개관된 서복전시관은 불로초를 캐기 위해 제주를 찾았다는 서복의 여정과 함께 진시황 의 청동마차와 병마용갱(兵馬俑坑)의 실물 복제품 등이 전시된 서복전시실과 서귀포시 역사관, 야외 공원 등으로 등으로 구성돼 이번 기증작품으로 전시 관이 더욱 알차게 꾸며지게 됐다.

”秦始皇不老草さがして”
彫刻作品西帰浦に(済州=連合ニュース) 洪同数記者
中国河北省(河北省) 秦皇島(秦皇島)市が済州島西帰浦市に寄贈した徐福東渡像(徐福東渡像) 彫刻作品除幕式が 24日午後西帰浦市正房瀧入口徐福展示館で開かれた.
 徐福東渡像は秦始皇が臣下である徐福に 600人を従えて東に渡って不老草を求めて来るように命ずる場面を表現した作品で, 長さ 4.4m, 高さ 2.5m, 厚さ30m 規模に製作された.秦皇島市は徐福東渡像とともに 「徐福公園(徐福公園)が刻まれた石像と秦皇島市にある徐福碑石複製品 2点, 徐福板石 6枚も一緒に西帰浦市に寄贈した.
この日除幕式には秦皇島市副市長など中国側人士6人と西帰浦市関係者, 住民など 200人余りが参加した.
2003年 10月開館された徐福展示館は不老草を掘るために済州を尋ねたという徐福の旅程とともに秦始皇の青銅馬車と兵馬俑坑(兵馬俑坑)の実物複製品などが展示された徐福ショールームと西帰浦市歴史観, 野外公園などで構成されており今度の寄贈作品により展示館がさらに充実したものとなった.

by:
horuhoru
at:
2008-11-28 9:46:19
view:
918

Event Report : 韓国・済州島 第7回東亜細亜徐福文化国際学術大会の報告

第14回 西帰浦七十里祝祭 第7回 東亜細亜徐福文化国際学術大会 徐福瀛洲山神祭

日時:2008年10月21日・22日
場所:西帰浦KAL HOTEL会議場
主催・主管:(社)西帰浦市徐福文化国際交流協会 国際学術研究所
後援:済州特別自治道、西帰浦市、KBS済州放送局、MBC済州文化放送、韓国KCTV済州放送、JIBS済州放送、済州日報社、済民日報社、漢拏日報社、済州タイムス、西帰浦新聞

10月21日 
東亜細亜徐福文化国際学術大会
13:00‐13:30 学術大会場入室
13:30‐14:00 開会式(司会:呉勇男副理事長)
Section?徐福と不老長寿歴史文化
 司会:朴正錫(徐福協会国際学術研究所長)
14:00‐14:20 韓・中親善関係および中国の長寿文化
 基調演説:李世基(韓・中親善協会長)
14:20‐14:50 徐福と中国の不老長寿歴史文化考察
 張良群(中国徐福会副会長)
 討論:方毓強(中国上海新民日報記者)
14:50‐15:20 徐福と日本の不老長寿歴史文化考察
 池上正治(日本歴史研究家 作家)
15:20‐15:30 茶休時間
Section?神秘の生命体としての不老長寿文化
15:30‐16:00 済州生物資源の産業的利用
 鄭龍桓(済州○○○○産業振興院)
 討論:高承益(済州大学校観光大学教授)
16:00‐16:30 済州道薬用植物
 金哲洙(済州特別自治道環境資源研究員)
 討論:金漢柱(仁寿堂漢医院)
16:30‐17:00 徐福センター長寿文化ネットワーク○○○構築
 趙文秀(済州大学校観光経営学科教授)
 討論:金廷?(済州観光大学外食業科教授)
Section?総合討論
17:00‐17:40 司会:朴正錫(徐福協会国際学術研究所長)
17:40‐18:00 徐福民俗公演団公演
18:00‐      晩餐

10月22日
11:00‐ 徐福祭礼再演(場所:正房瀑布)
12:00‐13:00 午餐(徳盛園)

行事本部
(社)西帰浦市徐福文化国際交流協会
697‐803 韓国済州道西帰浦市東烘洞203‐7
TEL 064‐763‐0144 / FAX 064‐763‐0146
E-mail seobok@paran.com
理事長:金亨卓 副理事長:呉勇男 学術研究所長:朴正錫 総務理事:李國振 事務局長:李相?


下記に紹介するのは池上正治さんからいただきました私信ですが、公開する許可をいただきました。ありがとうございます。

アンニョンハシムニカ!先月の下旬は、韓国でした。
済州(特別自治州)西帰浦(ソギポ)市で開かれた、「東アジア 徐福文化 国際学術大会」(第7回)に出席し、今回の総テーマである「長寿」に合わせて、「長寿と徐福の図像」を発表してきました。
学術シンポに先だち、かの「七十里祭り」と、その事前の祭事がとり行なわれました。この祭事は2人の祭主が主宰し、主人公は徐福です!来賓のトップは西帰浦市長であり、徐福協会の理事長(対外的には会長)が市長の実兄です。祭事の次第を、至近距離から取材していると、次は日本の池上先生、と指名されて仰天。瀛洲の神に対して、徐福らがそうしたように、賽銭をあげ、儀礼をしました。
七十里祭りパレードは、市内のグラウンドから海岸まで、約1時間でした。これも幸いなことに、自由行動が許され、隊列とともに進みながら、取材ができました。参加者たちは、港ちかくのアトラクション会場に集い、夜遅くまで盛りあがったようです。そこで最初に挨拶した市長の話によれば、参加者は3000人!まだまだ報告したいこと、山ほどもあるのですが、またの機会にゆずります。
徐福が薬草を探したとされる漢拏(ハルラ)山に登るつもりでしたが、雨のため断念しました。
いつもながら、韓国の年配の人たちの「日本語 力」に驚かされます。このシンポを主催した徐福協会の金理事長(会長)や、禹珪日顧問の日本語は相当なものです。とくに禹先生は、1932年、名古屋生まれ、15歳に祖国に帰ったという人です。この間、同会が、日本にしっかり顔を向け、日本との交流に力を入れているのは、どうやら禹先生の強い意志があるようです。
中国の張良群先生らとともに、禹先生のお宅にも1泊させてもらいましたが、海を望む広大な豪邸で驚きました。奥方も、かなり日本語がお出来になります。徐福協会の金理事長の奥方もまた、日本語がおできになります!徐福に関して、韓国の西帰浦と日本とは、これほどの人的条件があること、今さらながら驚いています。自分もできる範囲で、何かしなければ、と思ったしだいです。
まずは、お知らせまで。 カムサムニーダ!

写真
1 第7回東アジア徐福文化国際学術大会の『論文集』
2 「七十里祭り」で、観衆に両手をふって応える徐福
3 禹先生(左2)の豪邸で、奥方(中央)らと一緒に






by:
horuhoru
at:
2008-11-16 7:14:19
view:
1096

« 1 2 (3) 4 »