_HD_SKIP_CONTENTS

_HD_BREADCRUMBS

TOP  >  REPORT

Event Report : 日本・福岡県八女市「童男山ふすべ」の報告

2009年1月20日、日本・福岡県八女市で行われた「童男山ふすべ」のご報告を教育委員会の赤崎敏男さんよりいただきました。(カッコ内は逵 )

  今日は近年にない最高の天気の中で(童男山)ふすべは無事終了しました。
  ギャラリーは約150名、子どもたち35人、来賓20人の総勢200名。
  お客様として佐賀の森先生、大串さんが来訪、大津先生も元気で語り部、長寿ぜんざいも売り切れ。
  今年の写真をお送りします。

写真とともに、記録用に先日まで記しておきました案内文も掲載しておきます。ご案内・ご報告ありがとうございました。

・・・・・・・・・・案内文
八女市立川崎小学校   校長 奥西一臣
童男山・犬尾上址保存会  会長 熊谷恒樹

本年度も郷土の伝統行事「童男山ふすべ」を下記の通り実施いたします。この行事はね八女市が誇る文化遺産である童男山古墳を愛護し、徐福伝説を偲び、先人の遺産を末永く守り伝えるために、例年、地元山内の「童男山・犬尾上址保存会」と川崎小学校が一体となって行っております。
つきましては、皆様には公私ともご多用な折とは存じますが、ご臨席いただきますようご案内いたします。
     記
1 日時 2009(平成21)年1月20日(火) 午前10時(雨天決行)
2 福岡県八女市山内 童男山古墳

3 参加者 来賓、保存会、賛助の方々、山内町内の方々、川崎小学校5・6年児童と教職員、その他
4 ねらい
(1)童男山ふすべの由来について理解させ、徐福の霊 をなぐさめると共にね身近にある遺跡を大切にする態度を育てる。
(2)外国人に対して、郷土の人々が温かく接した様子を知らせ、今後もそのような態度を受け継いで行こうとする心情を育てる。
5 日程
学校発 8;25
清掃作業(全校児童) 8;45‐9;15
童男山ふすべ
開会のことば 10;00
ふすべ点火 お参り(代表)
主催者あいさつ(校長・会長)
来賓あいさつ(来賓)
徐福伝説の話(語り部)
徐福伝説の紙芝居(6年児童)
閉会のことば 11;20


금년도도 향토의 전통 행사「童男山ふすべ」을 아래와 같이 실시하겠습니다.
이 행사는 야메시가 자랑하는 문화유산인 童男山고분을 애호 해, 조후쿠 전설을 그리워해, 선인의 유산을 오래도록 지켜 전하기 위해서, 예년, 현지 山内의「童男山·犬尾城址保存회」라고 카와사키 초등학교가 일체가 되어 가서 있습니다.
따라서, 여러분에게는 공사와도 다용인 때라고는 생각합니다만, 참석 주시도록 안내하겠습니다.



1 일시 2009년 1월 20일(화)
오전 10시 (우천 결행)

2 야메시 山内 童男山고분

3 참가자 내빈, 보존회, 찬조의
분 들, 야마우치쵸내의
분들, 카와사키 초등학
교 5·6년 아동교직원,
그 외

4 군요들 있어

(1) 童男山ふすべ의 유래에 대해 이해시켜, 조후쿠의 영혼을 위로함과 동시에가까이에 있는 유적을 소중히 하는 태도를 기른다.
(2) 외국인에 대해서, 향토의 사람들이 따뜻하게 접한 모습을 알려 향후도 그러한 태도를 계승해 가려고 하는 심정을 기른다.

5 일정

学校
発 8; 25
청소 작업(전교 아동) 8; 45‐9; 15
童男山ふすべ
개회의
말 10; 00
방법 점화 참배(대표)
주최자 인사(교장·회장)
내빈 인사(내빈)
조후쿠 전설의 이야기(이야기꾼)
조후쿠 전설의 그림 연극(6년 아동) 폐회의 말 11; 20









by:
horuhoru
at:
2009-2-2 9:46:51
view:
1371